支払方法 1 - L/C(信用状)

個人輸入をする際の支払方法をご紹介していきます。

L/C (Letter of Credit : 信用状)とは、取引金額が大きい場合などに、
代金不払いや商品未納などの危険性を回避するため、
輸入しようとする人間の代わりに、銀行が一定期間、一定金額の支払いを保証するものを指します。

おおまかには、下記のような流れです。

(1) 輸入者(L/C開設依頼人:Applicant)が、輸入地の銀行に、L/C開設を依頼します。

(2) 開設銀行(輸入地の銀行)は、輸入者(L/C開設依頼人)の依頼を受けてL/Cを開設し、通知銀行(輸出地の銀行)へ開設を通知します。

(3) 通知銀行(輸出地の銀行)が、輸出者に、L/Cの到着を通知します。

(4) 輸出者は、貨物を手配し、船積書類を作成します。輸出者は、貨物と船積書類を船会社に渡し、輸入地への貨物出荷依頼を行います。

  貨物を出荷した船会社は、出荷した証拠として船荷証券(B/L)を発行して輸出者に渡します。

(5) 輸出者が保険会社へ保険証券を発行を依頼し、保険会社は保険証券を発行します。

(6) 輸出者は、代金回収のために荷為替手形(Bill of Exchange)を振り出し、船会社から受け取った船荷証券、保険会社から入手した保険証券と共に、買取銀行(輸出地の銀行:通常は通知銀行と同一)に提出。荷為替手形の買取を依頼します。

(7) 買取銀行(輸出地の銀行:Negotiation Bank)は、買い取った荷為替手形と書類を、
開設銀行(輸入地の銀行)に送付します。

(8)  開設銀行(輸入地の銀行)は、輸入者に決済を求め、輸入者は手形を決済して、
船積書類を受け取ります。

(9) 輸入者は、船積書類を船会社へ提出し、輸入した商品を受け取ります。

(10) 開設銀行(輸入地の銀行)は、決済された代金を、買取銀行(輸出地の銀行)に、支払います。

当然、支払能力を銀行が確認する為の審査もありますし、
それなりに、手間も費用もかかるので、
ある程度、まとまった金額のための支払方法です。