家族をどのように説得するか・・・? 6

「家族をどのように説得するか・・・? 5」からの続きです。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

10.安易な時間的予測を伝えないこと。

「セルフビルドで建てたって、今年中にはできるよ。」とか、「完成まで1年もあれば十分。」とか、
根拠もなく、安易に、期限に関する約束をしないということです。

多少、腕に自信がある人間に限って、
実際よりずっと少ない目の時間的予測を伝える傾向にあるようです。

実は、この件に関しては、管理人Takも例外ではありません。
いっしょに作業をしている管理人Milleが、「それ、どう考えたって無理だろー。」というような期限を
平気で設定したりしたことがありました。

そして、着工前の時間に関する予測の狂いが、後に思わぬことの起因になったりしました。
この件は、別項目でお話したいと思います。

説得される側は、「いついつまで。」と言われれば、それを信じるでしょう。
甘い予測はトラブルの元です。

11.家事に理解を。

奥様がもし仕事をしていらっしゃるのなら、
ぜひいつも以上に家事を手伝って差し上げてください。

管理人たちが、時間的にタイトな中で楽しくセルフビルドをしてこられた最大の理由は、
ふたりともがお気楽だったことですが、
その他には、管理人Takが家事の半分を確実に負担してくれていたことが挙げられます。
(これは、セルフビルド云々ではなく、結婚当初からずっとですが。)

昼間会社で働き、夜は見積り依頼や調べ物、週末は現場で作業。
もし、その上、大した量ではないとは言え、家事のすべてを負担しなければならなかったとしたら、
文句のひとつやふたつや、みっつやよっつや、いつつやむっつや、ななつややっつくらい
言っていたかもしれません。(どれだけ文句言うねん。(^^;;)

家事というのが、負担になることを理解して差し上げてください。

で、まとめです。(やっと。)