【トイレ】選んだ製品

トイレは、1階、2階とも、タンクレストイレと決めていました。
理由は単純、お掃除が楽だからです。

タンクレス、ロータンクトイレとしては、
INAXサティス
TOTOの ネオレスト
ナショナルの トレスエシェルアラウーノ
ジャニス工業の ジーナシリーズ

などがありますが、
同価格帯で、デザインと性能を比較し、INAXのサティスを選びました。

2006年12月1日に受注が開始されたアラウーノは、「流すたびに便器を掃除する、全自動おそうじトイレ」ということで、人気があると聞いています。

サティスを使っている人間の感想としては、サティスも防汚性の性能は高いと思います。
昨年、家族の入院や親戚の不幸で、3~4週間お掃除できない時期がありましたが、 3週間程度では、大きな汚れは目立たなかったような気がします。

通常であれば、3週間もお掃除しないなんてことはありませんし。
(たとえ便器内は汚れが付かなくても、便座や便座の裏側などは必ずお掃除しなければならないのですし。)

ただ、管理人の家の居住人数は2人で、昼間はほとんど家にいないということは使用頻度の点で、考慮すべきことかもしれません。

アラウーノの公式ウェブサイトによると、
「1回あたりの洗浄水量は5.7L」と書かれています。

節水タイプと言われるサティスやネオレストが6.0Lですので、さらに少ない水量で済むということですね。

トレスやアラウーノの利点のひとつは、360°隙間がないので、
サティスと違い、わずかでもほこりが溜まるところがない点だと思います。
(サティスは、奥の部分にわずかに隙間があります。)

ただ管理人の個人的感想では、シルエットはやっぱりサティスの方がきれいだというように感じています。