セルフビルド+分離発注 2

分離発注するための業者さんを探す方法を、注意点と共にいくつかご紹介したいと思います。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

1.業界団体・メーカーの名簿から問い合わせる、紹介を受ける、相談をする。

どの業界にも、必ず業界の向上を目的とした団体があります。
そのような団体では、セミナーや研修会を通して、会員の技術向上に努めていることも多く、
相談も受け付けてもらえます。

例えば、管理人たちの家は、在来軸組工法で作っていて、
構造材はプレカットして頂いています。

プレカットとは、従来は道具を用い、手作業で加工していた木造住宅の柱や梁の継ぎ手、仕口を、機械で加工する技術です。

親しい人間に専門家がいますので、自分たちでプレカット工場を探すことはしませんでしたが、
そうでなければ、全国木造住宅機械プレカット協会へ問い合わせていたと思います。
(各地域に、プレカットの事業共同組合もあります。)

また、今回、管理人が若干の懸念を感じていたことがあるとすれば、
その内のひとつは基礎に関してです。

「建築業界に明るくない素人が、分離発注を受けてくれる、信頼できる基礎屋さんを見つけることができるのか。」というものでした。

最悪は、第三者監理を頼むか、
管理人Takがお世話になっているヨットクラブの建築士さんに写真での監理をお願いするか、
ということも考えに入れていましたが、
信頼できる基礎屋さんにお願いできたら、と思っていました。

日本住宅基礎工事業協会の名簿から、西川建設土木さんを知ったことで、
管理人のハーフビルドは大きく前進したような気がします。

屋根工事屋さんは、
希望だった瓦メーカーの施工業者リストから探して、2社に連絡をとりました。
Y@netの「やね屋を探せ」という検索システムや、

全日本瓦工事業連盟のウェブサイトも参考にしました。

その業界の事情に明るくないときは、
全国規模の業界団体に問い合わせるのも、ひとつの方法だと思います。


コメントを残す