キッチンシンク - キッチンシンクの材質

キッチンシンクの素材としては、
ホーロー、陶器、ステンレスの他に、新素材のものももあります。

以前、素材に関しても少し調べたことがありますので、大まかですが挙げておきます。

《ステンレス製キッチンシンク》
高い弾力性、軽量性が特長です。加工しやすい為、オーダーメイドも可能です。
他方、傷がつき易く、塩素に弱いという面もあります。

《ホーロー製キッチンシンク》
ガラス・陶製等の食器が破損しやすいのが難点です。
カラーバリエーションが豊富で、海外製品にはダブルシンクのものも多く見受けられます。

《樹脂製キッチンシンク》
軽量でカラーバリエーションが豊富です。
FRPをアクリル樹脂でコーティングしたファッションシンクと呼ばれるものの他、システムキッチン付属の人工大理石のものなどがあります。

《カラーステンレス製キッチンシンク》
ステンレスにセラミックコーティングがされたものです。
表面がガラス質の為、防汚性が高く、手入れしやすいのが特長です。

《アメリキャスト》
鋼鉄製の原型の上に樹脂材を重ねてコーティングしたものです。

《サーモキャスト》
アクリル樹脂(強化プラスティック)の素地にエナメルフィニッシュで仕上げたものです。

《陶製キッチンシンク》
海外製品に美しいデザインのキッチンシンクが多いですが、多の素材に比較すると高価な製品も多いです。