セルフビルド+分離発注 3

分離発注するための業者さんを探す方法 その2です。

2.コネや、ツテを使う。
コネクションやツテを使って業者さんを探す場合、パターンは2通りあります。

(1) 業者さんを直接知っている。

これは、相手との距離が大変重要です。

「親戚や近所の業者さんに施工を頼んだけれど、仕事がいまひとつ気に入らない。
さりとて、相手が親戚や近所の人間ではあまり文句を言うこともできず・・・」
という話を掲示板などでよく目にします。
これはつらいと思います。

もし、直接つきあいのある人間に仕事を依頼するとしたら、
忌憚のない意見が言い合えるほど、気心が知れた相手にするべきだと思います。

施主・業者双方が自由に意見が言えて、
たとえ、どちらかがミスしたとしても、
「アイツなら、しゃあない。」と思えるくらいの関係でないと難しい気がします。

管理人たちの場合、建前や一部木工事、構造計算などを、
管理人Takがお世話になっているヨットクラブのメンバーの方が、引き受けて下さり、
体温をかる~く上回る気温の中、400kmの距離を駆けつけて下さいました。

こういうお願いができたのは、
20年来お世話になっているクラブの気心が知れた方たちだったからです。
そうでなければ、それはそれは、きっと大変だったことでしょう。

(その代わり、ボロクソに言われましたが。(^^;;)

(2) 誰かに紹介してもらう。

親兄弟、友人知人といった旧くからの間柄の人間のみならず、
新しく出会った人間の紹介も利用価値大です。

管理人は、お願いすることになった基礎工事業者さんに、
水道や電気の業者さんをご紹介頂いたりしました。

「ツテをたどって、たどって、いろんなものを発注した。」と
あるセルフビルダーの方はおっしゃっていました。

物品購入に関しては、
(1)の直接コネはもちろんのこと、(2)の間接コネも大いに利用できます。
別項目で触れたいと思いますが、紹介者がいることで、価格交渉が可能になったりします。


コメントを残す